RayKit よくある質問

[修正済み]ピボットエリアでレコードを新規作成した場合、RaySheet側で自動設定する「年月」の値が不正になる

現象

ピボットエリアでレコードを新規作成した場合、RaySheet側で自動設定する「年月」の値が不正になる場合があります。
ピボットエリアの行または列に日付項目を設定している場合、レコードの新規作成時にRaySheet側で日付を自動で設定します。本不具合が発生した場合、本来設定する値からひと月未来にずれた値が設定されます。

条件

  • ピボットエリアで作成するレコードの「年月」+現在の日付の「日」が存在しない日付の場合(現在の日付はクライアントPCのシステム日付 )
    • 例1:現在日付が「6月29日」で作成する日付の年月が「2023年2月」
      • 「2023年2月29日」は存在しなく、「2023年3月1日」に誤って解釈
    • 例2:現在日付が「6月30日」で作成する日付の年月が「2023年2月」
      • 「2023年2月30日」は存在しなく、「2023年3月1日」に誤って解釈
    • 例3:現在日付が「3月31日」で作成する日付の年月が「2023年4月」
      • 「2023年4月31日」は存在しなく、「2023年5月1日」に誤って解釈

回避方法

この不具合は2022/8/24公開のv14.2.8で修正されました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。