RayKit よくある質問

行動の「名前(Multiple)」に複数入力するには

Salesforceで行動の「名前」を登録すると、その名前は「行動」オブジェクトの関連オブジェクトである「行動リレーション」オブジェクトに格納されます。(※ユーザが複数取引先責任者を ToDo と行動に関連付けられるようにするために、Salesforce側でShared Activitiesを有効化してある必要があります。詳しくは、こちらのSalesforceの資料を参照してください。)。

RasSheetを使ってこの「行動リレーション」オブジェクトを表示するには、以下のように行います。

  1. 関連オブジェクトを選択します。
    _________1.png
  2. 「行動リレーション」をチェックして保存します。
    _________2.png
  3. 「行動リレーション」をダブルクリックします。_________3.png
  4. 行動リレーションの「項目別」をクリックします。
    _________4.png
  5. 「名前(Multiple)」や「リレーション(Multiple)」など、必要な項目のチェックボックスをチェックして「保存」をクリックします。
    _________5.png_________6.png
  6. RaySheetの行動リレーションオブジェクトが表示され、上記でチェックした項目が表示されていることを確認できます。
    以下の画像では、行動に3名の名前を登録している場合、RaySheetにどのように表示されるかを示します。行動リレーションの「リレーション」項目に登録した3名の名前を確認できます。
    _________7.png
  7. 「件名」に紐づく「名前」を追加するには、行動リレーションの「+新規」ボタンをクリックします。この時、「リレーション」に取引先責任者から名前を選択し「親」項目にチェックします。
    ※「リレーション」の名前は上書きできませんので、その行を削除して新しく「+新規」で追加してください。
    _________8.png

なお、「Salesforceの標準画面から名前を複数登録する」際に、どのように行動リレーションに登録されるかは、Salesforce側の処理になります。上記手順はあくまで当社内で検証した結果であり、動作を保証するものではありません。この点にご留意いただき、お客様の方でSalesforce側で登録した場合とRaySheetで登録した場合の結果がお客様の運営上問題ないかどうかを十分検証した上でご利用をご検討ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。