RayKit よくある質問

参照または主従関係の項目を選択するときにそのレコードの情報を参照することができますか?

できます。

RaySheetでは、参照または主従関係の項目にサブ項目を指定することができます。

例えば、「商談商品」から「価格表エントリ」を選択するときに事前に「リスト価格」を参照したいという要望であれば、サブ項目に「リスト価格」を指定することで「価格表エントリ」選択時に事前に「リスト価格」を参照することができます。

mceclip0.png

「サブ項目」についてのより詳細な解説はユーザガイドでご覧いただけます。
https://docs.raykit.grapecity.com/raysheet/ja/howto/input/lookup/#ドロップダウンリストの選択項目の絞り込み

なお、「サブ項目」は情報の参照だけでなく絞り込みを行うことも可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。