RayKit よくある質問

リリースノート v4.6 (2018/09/12)

v4.6は「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce (GCSS)」から「RaySheet」に製品名が変更されます。
このリリースは、AppExchangeから新規または手動アップグレードでインストールするお客様および手動でアップグレードするお客様に提供されます。

利用規約の改定

  • 製品名称変更に伴い、規約名称をRaySheet 利用規約に変更しました。
  • 第15条 (個人情報の取り扱い)第1項において、本条項の対象範囲をより明確にするためお客様およびユーザーといたしました。
  • 第15条 (個人情報の取り扱い)第3項において、本条項が弊社グレープシティのプライバシーポリシーに従うことを明記しました。
    グレープシティ プライバシーポリシー:https://www.grapecity.co.jp/about/privacy/
    RaySheet 利用規約:https://download.raykit.grapecity.com/license/raysheet-license.pdf

新機能

  • このバージョンでは、製品名の変更のみが含まれ、機能や不具合の修正は含まれません。

製品名の変更

  • 画面上の「GrapeCity Spreadsheet」の表記やロゴが「RaySheet」に変更となります。
  • タブ名「Spreadsheet」は「RaySheet」に変更となります。
  • 製品画面に表示される「GrapeCity Spreadsheet」は「RaySheet」に変更となります。
  • 権限セット「Spreadsheet User」は「RaySheet User」に変更となります。既存のユーザに権限セットを再割り当てする必要はありません。

以前のバージョンからアップグレードする場合、一部の設定を手作業で変更する必要があります。詳細は、ユーザガイドの次のトピックを参照してください。

http://docs.raykit.grapecity.com/raysheet/ja/installation/rebranding/

ドキュメント

  • 「スタートガイド」を「ユーザガイド」に改名しました。
  • 「スタートガイド」の開発関連のトピックを「開発者ガイド」に分離しました。

不具合修正

  • なし

既知の制限

  • なし

以上

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。