RayKit よくある質問

[修正済み] 選択リスト項目で「次のいずれかに等しい」フィルターで表示されないレコードがある

現象

選択リスト項目で値とAPI参照名が異なるとき、列のフィルターで「次のいずれかに等しい」を使用すると、表示されないレコードがあります。このフィルター条件は、ドロップダウンリストで項目をチェックした場合にも使用されます。

詳細

v4.4.7およびv4.5.2では、列のフィルター「次のいずれかに等しい」が選択リスト項目のAPI参照名をもとに実行されていました。このため、ラベル名が同一でAPI参照名が異なる項目が存在する場合、そのレコードはフィルターの結果に表示されません。

回避策

2018/07/17に公開された新しいパッケージ(v4.5.3)により、この問題が修正されています。具体的には、「次のいずれかに等しい」フィルターの場合にラベル名でフィルターされるように動作が変更されました。なお、フィルターは修正版の適用後に再設定が必要です。
現象が発生した場合、この新しいパッケージをAppExchangeからご利用いただけます。適用方法、新しいパッケージのリリースについて不明な点がありましたら、弊社サポート窓口にお問い合わせください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。