RayKit よくある質問

数式項目の「#Error!」が表示されない

Salesforceの数式項目の計算結果が、Salesforce Classicのページでは「#Error!」と表示される場合があります。このとき、RaySheet(旧GrapeCity Spreadsheet for Salesforce)やLightning Experienceの画面では「#Error!」ではなく空欄の表示となります。

これは、「#Error!」の表示がSalesforce Classicのページに固有で提供されているためです。RaySheetでは「#Error!」の結果はご利用いただけません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。