GrapeCity for Salesforce よくある質問

クリップボードから貼り付けできる日付や日付時刻の書式

GrapeCity Spreadsheetを使用して、ExcelなどからSalesforceの日付型や日付時刻型の項目(列)にデータを貼り付けるとき、次の書式の日付や日付時刻を使用できます。

日付の場合

  • スラッシュ区切り(例:2018/01/01)
  • ハイフン区切り(例:2018-1-1)

時刻の場合

  • コロン区切り(例:2018/1/1 12:01:11)

対応していない書式や無効な日付の場合、貼り付けは実行できません。たとえば、全角文字や和暦は貼り付けできません。

日付の西暦は4桁で指定する必要があります。西暦を2桁でGrapeCity Spreadsheetに貼り付けると、結果が異常になります。たとえば「16/3/5」という日付は「1883/03/05」として貼り付けされます。和暦の貼り付けはできません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。