RayKit よくある質問

リリースノート v3.1.2 (2018/02/07)

この記事では、2018/02/07に公開されたGrapeCity Barcode for Salesforceのアップデート(v3.1.2)の変更点を説明します。
このリリースは、GrapeCity Barcodeをご利用のすべてのお客様に対して転送アップグレードによる自動更新で提供されます。

新機能

プログラミング不要で読み取りアプリを開発

  • 「GC Barcode」アプリをノーコード、つまりApexのプログラミング不要で使用できるようになりました。Salesforceのプロセスビルダーを使って、スマートフォンアプリからのバーコードの読み取り結果を処理できます。

分割QRコード(連結QRコード)の読み取りに対応

  • 「GC Barcode」アプリによるQRコードの読み取りで、分割されたQRコードの連結に対応しました。車検証のように複数のQRコードを読み取り、読み取り結果を結合する必要のある業務にも対応できます。

フロントカメラによるQRコードの読み取りに対応

  • 従来はスマートフォンのバックカメラを使ったバーコードの読み取りが可能でしたが、開発者がバックカメラの代わりにフロントカメラ(インカメラ)を指定することも可能になりました。フロントカメラでは、QRコードのみの対応です。

読み取り対象のバーコードの種類を指定可能に

  • 従来はバーコードを読み取ってから種類を判別していましたが、読み取り前の時点でバーコードの種類を判定し、対象外のバーコードの種類を除外できるようになりました。複数の種類のバーコードが混在する環境でも、ユーザがストレスなく読み取りできるようになります。

シフトJIS対応

  • QRコード読み取りがシフトJISエンコーディングに対応しました。

読み取り操作のユーザビリティの改善

  • 「GC Barcode」モバイルアプリの新しいバージョン(1.1.0)によって、エンドユーザがバーコードを読み取るときの操作が改善しました。
  • カメラ画面でバーコードを認識できたとき、バーコードに黄色のマーカー重なって表示されるようになりました。
  • カメラ画面に照準器が追加され、複数のバーコードが並んでいるとき、特定のバーコードを指定できるようになりました。照準器とは、4つの緑色の鍵括弧のようなマークです。従来はカメラ画面にバーコードが映りこんだ瞬間に読み取りが実行されましたが、照準器がある場合は、カメラ画面内の照準器に収まったバーコードが読み取られます。
  • カメラ画面に複数のバーコードが写りこんだとき、アプリが認識しようとしているバーコードを黄色のマーカーで識別できるようになりました。分割(連結)QRコードを読み込む際、まだ読み取っていないQRコードを指定しやすくなりました。

仕様の見直し

  • SkyVisualEditorで「GrapeCity Barcode」AppComponentを使用する際、「バーコード値項目」が必須項目ではなくなりました。

不具合修正

  • SkyVisualEditorで「GrapeCity Barcode」AppComponentを使用するとき、「バーコード値項目」で「リード」やカスタムオブジェクトを選択できない問題が修正されました。
  • 「GC Barcode」のAndroid版アプリで、デバイスの「戻る」ボタンを押したときにアプリが終了する動作が修正されました。
  • GrapeCity Barcodeのライセンスを持たないユーザでも「GC Barcode」モバイルアプリでバーコードの読み取り操作を実行できてしまう問題が修正されました。

既知の制限

  • プロセスビルダーによる読み取り画面の開発で使用する「GCBarcode Scanner」アプリはLightning Componentを含むアプリケーションのため、利用するにはSalesforceの「私のドメイン」をリリースする必要があります。「私のドメイン」をリリースできない環境では、将来のVisualforceによるアプリケーションの提供をお待ちください。
  • 分割(連結)QRコードを読み取り中のメッセージが英語で表示されます。

以上

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。