RayKit よくある質問

画面フローのレコードId入力変数が「テキスト」型の場合、RaySheetのフロー変数を設定する方法

Salesforceの画面フローのレコードId入力変数が「レコード」型ではなく、「テキスト」型の場合、選択されたレコードのIdパラメータとしてフローに渡すことができます。

 

Salesforceの画面フロー変数

flow_text_1.png

<設定手順>

1.レコードID項目をRaySheet上に配置します。

flow_text_2.png

2.フロー変数に画面フローの入力変数を設定します。値は数式でレコードIDを設定します。

flow_text_3.png

 

このように設定することで選択されたレコードのIDでフローを実行することが可能です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。