RayKit よくある質問

[修正済み]レコードページに配置したRaySheetPage(LWC版)で、選択リストの値に含まれる特殊文字がエスケープ文字として表示される場合がある

2024/6/19更新:この現象はv16.3.2で修正されました。

現象

以下の条件をすべて満たす場合、RaySheetPage上の選択リストの一覧で特殊文字がエスケープ文字として表示されてしまいます。

例:「&」→「&」

<条件>

  • 選択リストの値に特殊文字(「<」,「>」,「&」,「"」など)が含まれる
  • レコードタイプをビュー上に配置している
  • 上記RaySheetをRaySheetPageに設定し、任意のレコードページにRaySheetPage(LWC版)として配置している

 

回避方法

以下の方法で回避可能です。

  • RaySheetPage(LWC版)ではなく、RaySheetPage(旧バージョン Aura)でレコードページに配置する

今後のアップデートで改善される予定です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。