RayKit よくある質問

条件付き書式でルックアップ列を指定すると想定通り動作しません。どのように対応すれば良いですか?

条件付き書式で、数式を利用してルックアップ列を参照すると、画面上に表示されている値だけでなくレコードIDも一緒に取得されます。
そのため、条件付き書式の数式で、ルックアップ列の表示値を条件に指定する場合には、LEFT関数を利用して表示値のみを参照するように数式を設定してください。
 表示値を取得する数式例:=LEFT(ルックアップ, LEN(ルックアップ) - 21)

詳細は以下のオンラインヘルプを参照してください。
ルックアップ列使用時の注意点

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。