RayKit よくある質問

メインオブジェクトに配置した数式項目で、関連オブジェクトの項目を参照できますか?

メインオブジェクトに配置した数式では、関連オブジェクトの項目を参照することはできません。しかし、数式項目の「計算結果を保存するSalesforceの項目」では、オブジェクト内の参照項目を指定することができます。

こちらの機能を利用することで、関連オブジェクトの数式の結果を、メインオブジェクトのレコードに保存することができます。


例:取引先に紐づく関連オブジェクトの商談レコード件数を取得する

<手順>
1.関連オブジェクト内に、レコード数を取得する数式項目を設定する。
  数式例:COUNTA(#[商談名])

2.手順1で設定した数式項目の設定で、「計算結果を保存するSalesforceの項目」に取引先オブジェクトの項目を指定する。
_______.png

※注意事項
 カスタム参照関係にて関連オブジェクトを指定した場合、メインオブジェクトの参照項目が存在しないため、この方法は使用できません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。