GrapeCity for Salesforce よくある質問

「GrapeCity Spreadsheet」をアプリケーションメニューから非表示にできますか?

プロファイルの編集で「カスタムアプリケーション設定」から「GrapeCity Spreadsheet (gcss_SpreadsheetApp)」の「参照可能」のチェックをオフにすると、アプリケーションメニューから非表示にできます。
アプリケーションメニューから「GrapeCity Spreadsheet」を非表示にしても、「Spreadsheet」タブで他のアプリケーションからGrapeCity Spreadsheetにアクセスできてしまいます。「Spreadsheet」タブも非表示にするには、「タブの設定」で「Spreadsheet」を「常に非表示」に変更します。

Salesforce Classicの場合

  1.  「設定 > 管理 > ユーザの管理 > プロファイル」をクリックする。
  2. 編集したいプロファイルの「編集」アクションをクリックする。
    なお、標準プロファイルは編集できないので、プロファイルのコピーを作った後、コピー後のプロファイルを既存のユーザに適用する。
  3. 「カスタムアプリケーション設定」から「GrapeCity Spreadsheet (gcss_SpreadsheetApp)」の「参照可能」のチェックをオフにする。
  4. 「タブの設定」で「Spreadsheet」を「常に非表示」に変更する。
  5. 「保存」をクリックする。

Lightning Experienceの場合

  1. 右上の歯車アイコンをクリックしたあと「設定 > 管理 > ユーザの管理 > プロファイル」をクリックする。
  2. 編集したいプロファイルの「編集」アクションをクリックする。
    なお、標準プロファイルは編集できないので、プロファイルのコピーを作った後、コピー後のプロファイルを既存のユーザに適用する。
  3. 「カスタムアプリケーション設定」から「GrapeCity Spreadsheet (gcss_SpreadsheetApp)」の「参照可能」のチェックをオフにする。
  4. 「タブの設定」で「Spreadsheet」を「常に非表示」に変更する。
  5. 「保存」をクリックする。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。