GrapeCity for Salesforce よくある質問

Salesforceの長い画面を1操作で画像ファイルにするには?

Salesforce Classicでは各レコードや設定画面などは縦に長いため、何度もスクロールして画面をキャプチャしたあと、それらのファイルを結合するか、複数のファイルをまとめて取り扱う負担が生じます。

Google Chrome(バージョン 59以降)を使うと、縦に長いページであっても、次の操作で簡単にスクリーンショットをとり、1つの画像ファイルにできます。

  1. 「Ctrl + Shift + i」を押下して開発者ツールを表示する。または、Chromeのアドレスバーの右にある、縦に点が3つ並んだボタンをクリックした後、「その他のツール」-「デベロッパーツール」をクリックする。
  2. 表示された画面のツールバー上で、スマートフォンとタブレットが並んで表示されているようなボタンをクリックして「device frame」と呼ばれるバーを表示する。このボタンのアイコンが青色の時は「device frame」がすでに表示されている。黒色の場合、再度クリックして青色にする。
  3. 「device frame」のツールバー上にある縦に点が3つ並んだボタンをクリックする。
  4. 「Capture full size Screenshot」をクリックする。
  5. キャプチャ結果が画像ファイルとしてダウンロード(実際には手元のPCで画像化された結果)されるので、ファイルを開いて結果を確認する。
  6. 再度、「Ctrl + Shift + i」を押下して開発者ツールを非表示にする。または、ツールバーの右端にあるバツアイコンをクリックする。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。