RayKit よくある質問

表示していない列を条件にして並び替えやフィルターするには?

RaySheet(旧GrapeCity Spreadsheet for Salesforce)では、列の見出しに表示されている三角マークのボタンや、画面右上の「デザイン」から表示できるデザイナー画面の「フィルター/並び替え/グループ化」を使って、列ごとに並び替えやフィルターの条件を設定できます。
このため、並び替えやフィルターを使うには、通常はオブジェクトの項目をRaySheetに表示する必要があります。ただし、Salesforceのビューやビューの検索条件をインポートする場合、この項目はRaySheetに表示されません。このため、RaySheetに表示したくない列を条件にして並び替えやフィルターするには、あらかじめSalesforceでその条件でビューを作成し、RaySheetにそのビューをインポートします。インポートした後はSalesforceで作ったビューは削除できます。

RaySheetのv1.7.1では、任意の列を非表示にする機能が追加されました。この機能を使うと、Salesforceからビューの条件をインポートせずに、GrapeCity Spreadsheet上で並べ替えやフィルターを設定した列を非表示にできます。列を非表示にするには、対象の列の見出しを右クリックし、「列の設定」をクリックし表示される「列の設定」画面で「表示する」のチェックをオフにします。

gcss_columnsettings_visibility_70p_highlighted.png

以上

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。