RayKit よくある質問

RaySheetを使うためのSalesforceの設定

この記事では、システム管理者がRaySheet(旧GrapeCity Spreadsheet for Salesforce)をインストールした後、ユーザに使用を許可する設定にあたって確認すべき点を紹介します。

1. 既定ではシステム管理者が利用できる

AppExchangeからRaySheetをインストールすると、インストール時に次の3つの選択肢が表示されます。

  • 管理者のみのインストール
  • すべてのユーザのインストール
  • 特定のプロファイルのインストール

この選択は、SalesforceにおけるRaySheetを利用するための権限の割り当てを示しています。ここで「すべてのユーザ」以外を選んだり、「すべてのユーザ」を選んだあと、新たにプロファイルを作成すると後述の3と4の手順が必要になります。
選択に関わらずインストールの直後はシステム管理者がRaySheetを利用できます。その他のユーザ、たとえば標準ユーザにRaySheetの利用を許可するには、後述の2の手順を確認してください。

2. ユーザにRaySheetのライセンスを割り当てる

RaySheetはライセンスを付与されたユーザだけが利用できます。ライセンスを割り当てるには、次のトピックを参照します。

3. ユーザに権限セットを割り当てる

RaySheetを使うには、Visualforceページやオブジェクトへのアクセス権限が必要です。これらの権限は、権限セット「RaySheet User」として組み込みで提供されています。詳細は次のページを参照してください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。