GrapeCity for Salesforce よくある質問

[修正済み] 書式と条件付き書式を同時に設定すると結果が不正になる場合がある

現象

たとえば「金額」の列で円記号を表示する書式と、「50000円以上を赤色で強調する」のような条件付き書式を組み合わせたとき、「50000円以上」に該当しないセルも強調表示されてしまいます。

詳細

次の手順で再現できます。

  1. GrapeCity Spreadsheet for Salesforceで「商談」を表示する。
  2. 「商談」に「金額」列が表示されていることを確認する。表示されていない場合、「デザイン」をクリックして「金額」列を追加する。
  3. 「金額」列を右クリックし、「列の設定」をクリックする。
  4. 「列の設定」画面で「書式」に「[$¥-411]#,##0.00;[Red]([$¥-411]#,##0.00)」を設定する。
  5. 「列の設定」画面で「条件付き書式」タブをクリックする。
  6. 「セルの強調表示」で「次の値より大きい」をクリックする。
  7. 「次のセルのみを書式設定」を次のように設定する。
    セルの値
    次の値より大きい
    50000
  8. 「OK」をクリックして「列の設定」画面を閉じる。
  9. 「金額」列で条件付き書式の条件に関わらず、値が強調表示されることを確認する。

回避方法

2017/3/3に公開された新しいパッケージ(v1.6.6)により、問題が修正されています。新しいパッケージはAppExchangeからご利用いただけます。適用方法、新しいパッケージのリリースについて不明な点がありましたら、弊社サポート窓口にお問い合わせください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。